2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

工務店のメリットは、地域密着型でフットワークが軽く設計変更やアフターメンテナンスなどの対応の迅速さや中間マージン不要な低コストの建築費用、注文住宅本来の自由な設計などがありますが、現在では違ったメリットが発生しています。現在の工務店の多くは、年間通して現場を切らさない為に大手ハウスメーカーの下請けや大手フランチャイズに加入している工務店が多い為、大手ハウスメーカーや大手フランチャイズのノウハウを駆使して建築してくれるので、優れたデザインの高品質住宅を低コストで手に入れる事が出来るメリットもあります。しかし、工務店は木造住宅を主力とする場合が多く、重鉄骨や軽量鉄骨、プレハブなどの住宅はハウスメーカーに依頼しなければならないデメリットがあります。又、工務店は、地震や台風などの自然災害時には全国から人手を集める事の出来る大手のハウスメーカーとは異なり、補修工事完了までに何週間も時を要してしまうデメリットもあります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

設計事務所に間取り作りを依頼するメリットはいくつかあります。
まず注文住宅において、最も重要となってくるのが「間取り」です。
これは、建築方法などによって可能な間取りや、必ず柱を通さなくてはならない距離などがあるので、細かい点に注意しながら作成しなくてはなりません。
大きなリビングにしたいと思っていても、柱が必要な部分があったり、窓の大きさや、場所にも計算が必要となります。
このような点をきちんと見ながら、また希望通りに近い間取りを作ってくれるのが設計事務所の役割です。
しかし、きちんとした設計事務所を選択しないと、希望通りの間取りが出来上がらないというデメリットもあります。
特に未熟な設計士に依頼してしまうと、こちらの希望が通らないだけでなく、デッドスペースなどが発生しているケースもあるので、提示された図面はしっかりと細かい部分まで確認をして、気になる点や不満がある時にはきちんと納得のいくまで修正しましょう。

断熱性のいい住宅とは

注文住宅でペアガラスを選ぶと、窓から室内の熱が逃げにくくなり、断熱効果も高くなります。ペアガラスは、ガラスとガラスを重ね合わせているスタイルなのですが、ガラスとガラスとの間に空気層が存在し、空気層が断熱性を高めてくれています。ペアガラスは通常のガラスよりも高いので、注文住宅の予算を削りたいときには利用したくないかもしれませんが、長い目で見ると、高い断熱性能を獲得できるので、光熱費を節約できるメリットもあります。ペアガラスは断熱性の高い窓になるので、結露が発生しにくいです。結露が発生しないと黒カビは発生しませんから、衛生的です。ガラス窓に黒カビが生えてしまった経験のある人や、常に防カビスプレーや、カビ除去薬剤を常備していた人は、カビ退治をしなくても済むようになり、家事の簡略化にもつながります。高齢者の両親や小さな子供のいる世帯なら、健康面でも安心できます。ペアガラスを施工できる工務店に注文住宅を依頼するときは、実際にペアガラスの見本を見せてもらうと良いでしょう。断面も見せてもらえます。

家づくりの進め方

いずれは生活の拠点となるマイホームを持ちたい、というのが多くの人の願いです。一生の中でも最大の買い物になる住宅ですから、家族全員が満足できるような家づくりを行いたいものです。
マイホームを新築で購入することを希望する場合、家族の必要にぴったり合わせられるのはやはり注文住宅です。注文で家づくりを行う場合気をつけたいのは、受け身でいると数通りのパターンから選ぶことになってしまい、建て売りとあまり変わらない家ができてしまうという点です。そうならないために必要なのは事前の計画と家族での綿密な話し合いです。
決めておきたい点は、どのような暮らし希望するか、デザインのテイストなどです。これらを具体化するために現時点での改善したい点からヒントを得ることもできます。雑誌やネットで好みのデザインや間取りがあったら資料として集めておくのも良い方法です。また仕事や学業の予定を考慮し、建設する時期なども大まかに決めておくとその後の計画がスムーズに進みます。

後悔しない住宅会社の探し方

子育てをしながら快適に暮らせる住まいを実現させたいときは、注文住宅で自由な間取りを実現させると良いでしょう。自由な間取りとは、新築のために設計したときの間取りを永続させるのではなく、大掛かりなリフォーム工事をしなくても部屋の間取りを柔軟に変更できるスタイルです。例えば子供部屋を二つに間仕切りで区切ったり、二つの子供部屋をつなげて一つの部屋にしたり、ウォークインクローゼットにも変更できるようにしたり、間取りを自分の手で変更できるように施工してもらいます。子供の成長にしたがって、進学や就職で独立すれば、家族にとっての部屋のあり方も変化します。空き部屋になったからといって収納スペースに使い分けるだけでは、空間の利用法としては無駄に感じられたりします。注文住宅の工務店は、家族構成の変化に対応した設計も担当できます。三重県の工務店の建築実例の中に、子育て中に新築して、子供が独立した後でリフォームした世帯がいないか質問してみましょう。参考意見として話を聞けると、将来の住まいの維持管理に役立てられます。

失敗しない土地探し2

注文住宅を新築するときには土地探しから始めます。その場合に予算のことや家族の状況、あるいは勤務地や通学のことを念頭において行います。中には人気のある土地や駅周辺、自分たちの好きな土地ということもあるでしょう。
不動産会社に相談して紹介を受けても中々時間や手間、経費もかかります。他の不動産会社を回るとなると中々そんな余裕は出て来ません。そこで最近はインターネットの発達で不動産のポータルサイトを利用すれば、全国各地の地域や鉄道路線の駅、地図や価格相場、面積から検索をかけて探すことが出来ます。
さらに平坦地や高台、あるいは前面道路幅が6メートル以上、角地、地盤調整済みであるとか周辺環境の整っているところ、病院や学校が近いところなどの条件を絞って探すことが出来ます。
これでヒットした物件はその所在地と鉄道路線の利用駅、徒歩時間、面積や販売価格、坪単価、容積率や建蔽率などの詳細説明や土地図面、写真などが掲載され担当会社の連絡先まで表示されます。

失敗しない土地探し1

注文住宅を新築する時には土地探しをしなければいけません。
どれだけいい業者に注文住宅を依頼しても、土地がなければ家を建てることはできませんし、失敗してしまうとスケジュールに遅れが生じてしまいます。
そこで失敗しない土地探しのポイントを知っておくことが重要となります。
まず一番大切なことは不動産業者をしっかり選ぶことです。
不動産業者と一口にいっても得意な分野がそれぞれ違いますので、土地の売買を得意としている業者を選びましょう。
次に選んだ不動産業者のチラシをしっかりと読み込むことです。
基本的に売り手側が見せたい情報は大きく、あまり見せたくない情報は小さく記載されていますので見落としがないようにしましょう。
チラシから気になる物件があれば、実際に目で確認しにいくことも絶対に欠かせないことです。
この時、注文住宅の設計や建築を依頼する業者にも物件の情報を伝えておくようにしましょう。そうすることで、あとあとその土地では使えない建築工法だったというようなリスクを軽減することに繋がります。
このようにして選べば、まず失敗することはないでしょう。

新築の土地探しについて2

注文住宅を新築するための土地探しは重要ですが、周囲の騒音、公園などの施設の有無、道路の通行量、駅やスーパーマーケットへの距離などといった、現地を見学すれば確実に目で見てわかるような条件だけではなく、下水道の整備状況などといった、目には見えにくい情報についても仕入れておく必要があるといえます。たとえば、市町村によって公共下水道がすでに整備されている地域であれば、生活排水などをそのまま放流できて便利ではあるものの、一定の受益者負担金を納付することが必要となります。そのため、土地そのものの価格とあわせて、こうした負担金の金額についても予算に織り込むことがたいせつです。いっぽう、公共下水道が整備されていなければ、合併処理浄化槽を設置して宅内処理をすることになるため、その工事費が注文住宅の新築の費用として上乗せされてくると考えなければなりません。なお、下水道が整備されている地域であるにもかかわらず、負担金を支払いたくないために接続しないというのは違法なことです。

新築の土地探しについて1

注文住宅を新築するにあたっては、その前提としての三重土地探しがまずは重要となってきます。この場合ですが、上水道のような生活に必要なインフラの整備がすすんでいる地域であるかどうかも、土地探しのなかでチェックするポイントとして加えておきたいものといえます。市町村が運営する上水道がすでにその地域では整備されていたとしても、購入しようとしている土地と本管との間の距離があまりにも遠いようであると、その土地まで水を引くために相当の工事をしなければならず、費用的に割高になってしまいます。また、法律上の特例を利用して本来は新築がむずかしいような市街化調整区域の土地に注文住宅を新築する場合には、その地域には上水道が整備されていないという事態も想定されます。この場合、独自に井戸を掘削して水を確保する必要がありますので、その費用についてもみておかなければなりません。場合によっては分譲地内で私設の上水道事業を営んでいることもありますが、その場合も負担金や年間の管理費がかかります。

耐震住宅について

二世帯住宅は三世代が同居できるように設計してもらうと快適な一戸建てに完成します。柔軟なアイデアを反映させられる注文住宅ならば可能です。二世帯住宅は家族の安心度も高くなるように配慮してもらいましょう。耐震住宅に施工してもらえれば、震度7の地震が発生しても、慌てずに行動できるようになるからです。自宅に不在の家族も、自宅にいる家族は大丈夫だと安心できます。耐震住宅は、予算をかけて設備投資する方法もあります。制震構造の設備を使用すれば、地震の揺れも軽くなります。制震構造の設備を使用しない場合は、在来工法を発展させた耐震構造に設計してもらいましょう。柱と梁で構造体を頑丈にさせながら、壁材にも強度を備えさせる施工です。壁を自由に撤去や交換ができるのが注文住宅の魅力ですが、壁でも支えられるように設計してもらえます。骨組みと壁の面とで支えられれば、特別な予算を準備しなくても、創意工夫の設計の範囲内で耐震住宅を完成させられます。