工務店に依頼するメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工務店のメリットは、地域密着型でフットワークが軽く設計変更やアフターメンテナンスなどの対応の迅速さや中間マージン不要な低コストの建築費用、注文住宅本来の自由な設計などがありますが、現在では違ったメリットが発生しています。現在の工務店の多くは、年間通して現場を切らさない為に大手ハウスメーカーの下請けや大手フランチャイズに加入している工務店が多い為、大手ハウスメーカーや大手フランチャイズのノウハウを駆使して建築してくれるので、優れたデザインの高品質住宅を低コストで手に入れる事が出来るメリットもあります。しかし、工務店は木造住宅を主力とする場合が多く、重鉄骨や軽量鉄骨、プレハブなどの住宅はハウスメーカーに依頼しなければならないデメリットがあります。又、工務店は、地震や台風などの自然災害時には全国から人手を集める事の出来る大手のハウスメーカーとは異なり、補修工事完了までに何週間も時を要してしまうデメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。