リフォームに適さない場所とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム工事を検討する場合に、構造的に適さない場所が御座います。一つ事例を挙げるとすると通し柱が多く存在する部屋です。通し柱とは、土台から軒まで継ぎ目がなく通っている柱で建物の耐力状重要な柱です。その柱が多く存在する部屋を広い空間として、使いたいとリフォームで間取りを変更しようとすると、想定外場所に柱が出てきてしまう事態になってしまいます。また、水回りのリフォームにも適していない事例が御座います。それは、大幅に水回りの位置を変更する工事です。元々2階に水回りがなく、1階から給排水を立ち上げないといけない場合に、新規に2階に設置する水回りが1階の反対方面に設置する場合に、その位置まで給排水管を持って行かないといけません。そうなった場合に、給排水管の距離が長くなってしまう他配管をつないでいく時に天井裏にスペースがない場合は、天井を解体して配管を接続しないといけなくなります。人が住みながらのリフォームには適してないと考えられます。リフォーム工事を検討している場合は、適さない場所を見極めて工事を進めてもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。