新築一戸建て住宅において、外壁を決して甘くみてはいけません。「快適な一戸建てマイホームライフ」を目指すのでしたら、分厚い断熱材を入れてしっかりとした外壁を作りましょう。そうすることで、日常の部屋の温度に大きな違いが出ますから。家づくりにおいて、外側や骨組みをしっかりと作ることは、決してバカにはできないとても大事なことですよ。

わが家の場合、外壁はガルバリウムです。そして外壁の下には分厚い断熱材にシートも入っています。屋内には24時間対応の換気扇も数カ所についています。つまり、高気密高断熱の住宅になっているのです。

当初は、高気密高断熱の住宅にやや反対気味でした。なぜなら、お値段がややお高めでしたから。けれども、既に一戸建てマイホームを建てている友達がみな、高気密高断熱の住宅に住んでおり、そしてみなさん口々に「快適だ」ということを言いますからね。なんでも、朝起きた時が違うということで。

高気密高断熱の住宅は、屋外の温度の影響が少なく、家の中の温度を一定に保つ効果があるそうです。外の温度からの影響が少ないので、冷暖房を少し入れただけですぐに快適温度の部屋になり、一定に保たれやすいのです。だからこそ、外壁を甘くみてはダメ、高気密高断熱の住宅は良いということで。